皮膚科でハイドロキノン

ハイドロキノン化粧品

ハイドロキノンは、皮膚科にてシミやシワ、ニキビ、肝斑などの治療に用いられています。

ハイドロキノンTOP > 皮膚科

皮膚科によるハイドロキノン治療

ハイドロキノンは『肌の漂白剤』と呼ばれるほど、非常に強力な美白効果を持っています。

米国ではシミやシワ、ニキビ治療に多く用いられ、美容目的の化粧品にも利用されていましたが、日本では一部の皮膚科で処方してもらう以外は入手することができませんでした。

現在は2001年の薬事法改正によって一般使用が認められ、ハイドロキノン配合の化粧品が多く出回るようになりました。

ただ、5%以上は医薬品扱いとなるため、低濃度のものが市販されています。

皮膚科でハイドロキノンを処方してもらうと、自分の肌に合う濃度で処方してもらえる上に、使用の続行や中止などについての助言ももらえます。

また、市販の化粧品よりも高濃度ハイドロキノンを処方しているところもあり、即効性のある美白効果が期待できます。

ただし、その分、副作用のリスクが高くなりますので、医師の診察のもとで使用するようにしましょう。

ちなみに、美容皮膚科ではハイドロキノン単独での治療よりも、肌のターンオーバーを促進するトレチノインとの併用が一般的です。

"ビーグレン"公式

4週間でシワにさよーなら。国際特許取得の逸品!
www.bglen.net

お肌をピンとリフトアップ アンプルール

IKKOさんも愛用 !話題のラグジュアリーコスメ。
www.ampleur.jp

ドクターシーラボ

CMでも人気!メディカルコスメスキンケアの定番!
www.ci-labo.com

先頭へ戻る

Copyright (C) ハイドロキノン化粧品|効果と副作用 All Rights Reserved.