ハイドロキシンの副作用

ハイドロキノン化粧品

ハイドロキノンは、もともと皮膚科医の処方せんが必要なほど強い効果を持つ薬です。

ハイドロキノンTOP > 副作用

ハイドロキシンの副作用リスク

ハイドロキノンは、すでに生じているシミに対して効果があるほど強力な美白成分です。

コーヒーや紅茶、ブルーベリーなどに含まれている成分ですが、写真の現像などに使用される漂白剤でもあるため、美白効果が非常に高い分、副作用のリスクも併せ持っています。

そのため、適切な使用方法を守らなければ、肌の一部だけが真っ白になる白斑やかぶれ、赤み、ヒリヒリ感、アレルギー症状といった肌トラブルを引き起こす可能性があります。

このような副作用のリスクを防ぐためには、ハイドロキノンの性質を理解した上で正しい使用方法を覚える必要があります。

高濃度や長期使用による副作用

ハイドロキノンは、濃度が高ければ高いほど副作用のリスクは高まります

市販されている化粧品の多くは2~4%と低濃度のものが多く、ほとんど副作用の心配はありませんが、4%を超える高濃度ハイドロキノンでは、白斑という症状が起きるおそれがあります。

白斑とは、使用した部分が漂白されて白抜き状態になることで、一度色が抜けてしまうとなかなか元には戻りません。そのため、一ヶ所に何度も大量に塗布することは避けたほうが良いでしょう。

また、メラノサイト(色素細胞)の量を減少させる働きがあるので、4%未満の低濃度ハイドロキノンでも、長期的に使用すると白斑を引き起こす可能性があります。

酸化による副作用

ハイドロキノンは美白効果が高い反面、酸素や光、熱に対して不安定な物質で、酸化しやすい性質を持っています。

酸化したハイドロキノンは、ベンゾキノンという有刺激性成分に変化し、肌に刺激を与えて赤みやかぶれなどのトラブルを引き起こします。

初めての方や敏感肌の方は、副作用のリスクを回避するためにも事前にパッチテストを行うようにしましょう。

"ビーグレン"公式

4週間でシワにさよーなら。国際特許取得の逸品!
www.bglen.net

お肌をピンとリフトアップ アンプルール

IKKOさんも愛用 !話題のラグジュアリーコスメ。
www.ampleur.jp

ドクターシーラボ

CMでも人気!メディカルコスメスキンケアの定番!
www.ci-labo.com

先頭へ戻る

Copyright (C) ハイドロキノン化粧品|効果と副作用 All Rights Reserved.