ハイドロキノンの使い方と塗り方

ハイドロキノン化粧品

ハイドロキノンは、強い漂白力を持っているため、正しい使い方を守らなければ副作用のリスクが高まります。

ハイドロキノンTOP > 使い方と塗り方

ハイドロキノンの使い方と塗り方

ハイドロキノンには高い美白効果がありますが、非常に不安定な物質で、酸化すると有刺激性成分に変化します。

そのため、ハイドロキノンの性質をしっかり理解した上で正しく使用する必要があります。

基本的には購入した商品の説明書をよく読んで、記載されている使い方を守れば、トラブルを引き起こすことはありません。

ただし、使用前は必ず洗顔して肌を清潔にし、塗布後は低刺激の化粧水でしっかり保湿しましょう。

また、ハイドロキノンの塗り方としては、顔全体には塗らず、シミやそばかす、くすみが気になる部分だけに綿棒などで塗るようにすると、余計な刺激を与えることはありません。

紫外線対策は万全に

ハイドロキノンは紫外線や熱、酸素の影響を受けると酸化してしまい、刺激性のある成分に変化して赤みやかぶれなどの肌トラブルを引き起こしやすくなります。

そのため、日中に塗布するよりも夜に使用したほうが安全ですが、日中も使用したほうがすばやくシミの改善ができます。

ハイドロキノンを日中も使用する場合は、SPF値の高い日焼け止めを塗り、帽子をかぶって直接紫外線に当たることがないようにしましょう。

主に野外での活動にはSPF値30程度、短時間の外出や日常生活にはSPF値20以下がおすすめです。

ハイドロキノンの保存方法

ハイドロキノンは商品により異なりますが、酸化しやすいため、きちんとフタを閉めて冷蔵庫または冷暗所で保存します。

また、ハイドロキノンは長期間にわたって使い続けると副作用を招きやすくなるため、最高でも3ヶ月以上の使用は避けたほうが良いとされています。

そのため、変色していたり、1~2ヶ月以上経過しているものは、有刺激性成分に変化している可能性がありますので、使用しないよう十分に注意してください。

"ビーグレン"公式

4週間でシワにさよーなら。国際特許取得の逸品!
www.bglen.net

お肌をピンとリフトアップ アンプルール

IKKOさんも愛用 !話題のラグジュアリーコスメ。
www.ampleur.jp

ドクターシーラボ

CMでも人気!メディカルコスメスキンケアの定番!
www.ci-labo.com

先頭へ戻る

Copyright (C) ハイドロキノン化粧品|効果と副作用 All Rights Reserved.