ハイドロキノンとトレチノインの併用効果

ハイドロキノン化粧品

ハイドロキノンは、トレチノインと併用することで高いシミ改善効果が期待できます。

ハイドロキノンTOP > トレチノインの併用効果

ハイドロキノンとトレチノイン

ハイドロキノンは、ビタミンA(レチノール)誘導体であるトレチノインと併用すると、相乗効果でより高いシミ改善効果を発揮します。

ハイドロキノンには、メラニン色素を生成するチロシナーゼ酵素やメラニンを作るメラノサイト(色素細胞)のはたらきを抑制する効果があります。

一方のトレチノインには、表皮に沈着した余分なメラニン色素を外に出すはたらきがあり、古い角質とともに垢としてシミを押し出し、健康的な表皮を作り上げます。

トレチノインの特徴

トレチノインは、ビタミンA(レチノール)誘導体で、アンチエイジング効果が高いレチノールよりも約100倍も高い効果を持つといわれています。

表皮細胞に直接はたらきかけて古い角質をはがし、真皮層のコラーゲンを刺激することで、肌のターンオーバーを早めます。

うるおいやハリ、弾力のある若々しい肌を取り戻させるだけではなく、表皮に沈着したメラニン色素を押し出します。

また、トレチノインはシミを取り除くだけでなく、細胞のターンオーバーを促して皮脂の分泌を抑えるので、ニキビ治療にも用いられています。

ちなみに、トレチノインは人間の血液中にごくわずかに存在する成分ですので、アレルギー反応を起こす心配はほとんどありません。

ハイドロキノンとの併用効果

ハイドロキノンとトレチノインの併用は、より高い美白・美肌効果が期待できるため、美容皮膚科の治療にも用いられています。

トレチノインは、コラーゲンとエラスチンを刺激して肌の代謝を高め、ピーリング効果でメラニン色素を排出します。

これに加えて、ハイドロキシンはメラニン色素を生成するチロシナーゼ酵素のはたらきを弱め、メラニン色素を構成するメラノサイトの量を減らしていきます。

そのため、相乗効果でシミやそばかす、くすみ、ニキビのできにくい肌を実現し、白くてきれいな肌を維持することができます。

また、併用する際のトレチノイン濃度は0.05~0.1%濃度が理想的といわれています。

"ビーグレン"公式

4週間でシワにさよーなら。国際特許取得の逸品!
www.bglen.net

お肌をピンとリフトアップ アンプルール

IKKOさんも愛用 !話題のラグジュアリーコスメ。
www.ampleur.jp

ドクターシーラボ

CMでも人気!メディカルコスメスキンケアの定番!
www.ci-labo.com

先頭へ戻る

Copyright (C) ハイドロキノン化粧品|効果と副作用 All Rights Reserved.